スパークス初のライヴ・アルバムと、過去のライヴ映像作品について

スパークス公式サイトからのニュースレターで発売がアナウンスされました。
昨年来続けている"Two Hands, One Mouth"のヨーロッパ・ツアーからの収録で、2枚組、2013/3/184/1発売だそうです。


"Two Hands, One Mouth"は、バンドもコンピューターもなしで、ロンの「二つの手」(によるキーボード)とラッセルの「一つの口」(による歌)だけで過去の作品群を演奏する、というコンセプトで、もうじき日本でも見られるそうです。

「初のライヴ・アルバム」ですか。ライヴ映像作品がいくつか出ているのでそんな気がしませんでしたが、これだけ長いキャリアで一度もライヴ盤を出していないアーティストもちょっと珍しいですね。

スパークスの演奏している姿を初めてみたのは、昔やっていた『Sony Music TV』という番組の中でのことだったと思います。演奏中のロンめがけてラッセルが飛び蹴りをくらわせるふりをしていたのが妙に記憶に残っています。

その後、1970年代初期のTV番組"Musikladen"の出演映像を収めたCDV(同内容のオーディオCD付)を入手しました。
画像

収録時間は14分と短いですが演奏は充実しています。


"Musikladen"の映像はかなりDVD化されていますし、このCDVと同じ映像が他の手段でも見られるのかもしれませんが、私は知りません。

同じ形式でロクシー・ミュージックもありました。こちらは27分と少し長めです。


この2つのビデオは撮影に使われているセットが同じで壁に"Sparks"と"Roxy Music"と書かれているので同じ放送日だったのでしょう。
MuskladenのRoxy Music、というとT. Rexとの組み合わせのDVDがありますが、同じ内容かどうかは知りません。



2000年代になると、"Live in London""Lil' Beethoven""Dee Vee Dee"と、DVDが3タイトル出ました。
画像
画像
画像



"Live in London" (2001)


"Balls"ツアーを収録しています。
ステージの演出には特に仕掛けはありませんが、演奏内容は大変良いです。
画像

メンバーはメイル兄弟にタミー・グローヴァー(ds)を加えた3人だけですが、とても厚みのあるサウンドになっています。

ヨーロッパ製のDVDですが、リージョンフリーです。
両面ディスクで片面にPAL、片面にNTSCで全く同じ内容が収録されていますので、NTSCの面を選べば標準的な日本の再生環境では問題ないはずです。
画像

画像

画像

画面が暗めでざらついていることと、アップの映像が少ないせいで、なんとなく海賊版っぽい映像にも見えますが、公式作品です。

DVDとしてはこれといった特典はありません。
特典のように記述されている「ロンの小ネタ」は、本編中に含まれているものです。
画像

この部分は曲目リストからは選択できないので、代わりに特典メニューのようにしてある、というだけです。

なお、こちらの"Beat the Clock"というDVD

は"Live in London"のタイトルとパッケージを変えただけのものらしいので要注意です。


"Lil' Beethoven - Live in Stockholm" (2005)


"Lil' Beethoven"ツアーを収録したこのDVDは、前作よりも技術的な面で向上した、充実した映像作品になっています。
コンサート自体の演出もビデオを多用した凝ったものになっていますし、画質も大きく向上しています。
画像

DVDとしてもメニューデザインも良いですし、それなりの特典もあります。
画像

画像

画像

メンバーは"Live in London"の3人に、元フェイス・ノー・モアのディーン・メンタ(g)を加えた4人編成です。

コンサートは二部構成で、前半はアルバム"Lil' Beethoven"を丸ごと演奏、後半は通常のコンサートになっています。
画像

画像

リージョンフリー、NTSCですので日本の標準的なDVD再生環境で問題ないはずです。


"Dee Vee Dee - Live at the London Forum" (2007)

画像

"Hello Young Lovers"ツアーを収録したこのDVDはリージョンコードはオールなのですが、映像はPALです。

メイル兄弟以外のメンバーはがらっと変わって、スティーヴン・ニスター(ds)、スティーヴン・マクドナルド(b)、ジョシュ・クリングホッファー(g)の5人編成になりました。
画像

これも、前半はアルバム"Hello Young Lovers"を全曲そのまま演奏し、後半は通常のコンサートという形式になっています。
画像

画像


特典メニュー:
画像

日本ツアーのビデオもあります。お仕事以外はただの外国人観光客のホームビデオみたいなもので特に面白いものではありませんが。
画像



ついでですが、こちらのCDにもPVやスクリーンセイバーなどの映像特典が収録されています。

"Lil' Beethoven - Deluxe Edition"


"Exotic Creatures of the Deep" 日本限定CD+DVD版



[2013-02-27: 発売日変更、商品リンク追加]
[2013-04-09: 商品リンク追加]
[2014-03-25: アフィリエイトリンク変更]
[2015-06-13: Amazon.comの仕様変更に対応/商品リンク追加・変更]

[2015-12-04広告追加:

]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック