『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』UK版BD

Monty Python's The Meaning of Life


日本語音声収録という情報があったので確認の意味もあって入手してみました。
(私はこんなサイトもやっておりますので。)

もっとも、このBDは日本版のメーカー希望価格もけっこう安いので、

送料を考慮すると、現在の為替レートではおそらくネットで割引率の高いところを探して
日本版を買う方が安上がりだろうと思われるのですが、
日本版の方が安いということは滅多にないという思い込みで、そのあたりの調査を怠っていたため、
バカな買い物をしてしまいました。

ということで他の方はわざわざUK版を買うようなことはないでしょうが、
後述するように中味は日本版と同じだろうと思われるので、
日本版を買おうか検討している方にも多少は参考にして頂けるのではないか、と思います。
(発売から時間がたてばもっと安くなるでしょうし。)


パッケージ
画像

画像

封入物は何もありません。

上の画像ではわからないでしょうが、パッケージにもちゃんと言語として"Japanese"と記載されています。

パッケージにもディスクにもリージョンコードの明記はありません。
ということはALL(フリー)なのでしょう。
Blu-ray.comでは「A/B (Cは未確認)」となっていますし、
フランス版・ドイツ版は各種の情報サイトでA/B/C (ALL、フリー)となっていましたから、
UK版もフリーだと思います。ただし、はっきりと確認できたわけではありません。
(以前にも書きましたが、私の再生環境はAnyDVD HDでリージョンフリー化されているので、実際に今ドライヴにあるディスクのリージョンコードが何なのかはわかりません。)

個人的には、DVD版のカバーの方が好きです。



操作言語選択メニュー

このタイトルも多言語メニュー方式ですが、自動判別ではなく、最初にメニュー言語を選択する方式になっていました。
プレーヤー側の設定には関係なく同じメニューが表示されます。
画像

ここで言語を選択すると、それに対応した言語で著作権に関する警告文が表示された後、
下記のメインメニューへと進みます。

(日本語を選択したときに警告を伝えるアニメが長くて鬱陶しいです。
一回だけなら笑えるんですが。)


メインメニュー
画像

左側に表示されるアイコンは、上から
- ホーム(操作言語選択メニューに戻る)
- 本編再生
- チャプター選択
- 特典
- 音声
- 字幕
になっています。

このメインメニューとチャプター選択画面には文字がないので言語による違いはありません。

また、音声と字幕については、メニュー言語の選択にかかわらず同じ画面が表示されました。
画像

画像



特典メニュー
画像

画像

GUEの日本版の商品ページでは、1ページ目の特典だけしか記述されていないようですが、
たぶん実際は同じ内容でしょう。

詳細な仕様の比較はこちらに書いておきました。
なお、特典のサブメニューの画像はこちらに掲載しました。

「同窓会」のサワリはYouTubeのMontyPythonチャネルでプロモーションとして公開されています。



日本語吹替

DVD版と同じです。(以下敬称略。)

グレアム・チャップマン: 安原義人
ジョン・クリーズ: 納谷六朗
エリック・アイドル: 広川太一郎
テリー・ジョーンズ:飯塚昭三
マイケル・ペイリン: 青野武
テリー・ギリアム: 飛田典男


この吹替版の製作時には山田康男は既に故人でしたので、チャップマンの声が安原義人なのはわかりますが、
クリーズを納谷悟朗ではなく弟の六朗が演じているのはなぜなのか、気になります。
スケジュールが合わなかったのでしょうか。

兄弟と言っても声質も個性も全く違うので、非常に違和感があります。
実際に本人がどんな体格かは知りませんが、納谷六朗の声質は細身の人物を連想させます。
納谷悟朗が使えないなら大塚明夫とか玄田哲章とかの「大男声」の役者にしてほしかったです。
(クリーズ本人の声はそれほど野太いものではないのですが。)

声質という点では安原義人も山田康男とは随分違うのですが、こちらは不思議と自然な感じがしました。
何となく演技の質が似ているように思います。
と言っても、『ルパン三世』の栗田貫一がとにかく山田康男に似せよう、と努力しているのとは違い、
こちらはチャップマンの演技のリズムに合わせていたら結果的に山田康男に近くなった、
というような印象を受けました。

最後に、チャップマン絡みでこれを:


BD化されてますが、日本では出ないのでしょうか。
(もっとも、アマゾンUKのカスタマーレビューではかなり評価が低いです。)


[2013-11-22追記: ファンの方はもうご存知でしょうが、
前記"A Liar's Autobiography: The Untrue Story of Monty Python's Graham Chapman"が
『モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝』として
日本での劇場公開とBD/DVD発売が決まりました。
詳しくはこちらへ。

]


[2015-03-21追記: 『エリック・ザ・バイキング』のBDが北米で2015-05-26に発売予定です。

]

[2015-05-07追記: パイソンズ復活ライヴの日本版BDが2015-06-17発売予定。

]

この記事へのトラックバック