EMIのクリスティー映画 Pt.1 イタリア版BD

EMIのクリスティー映画、というのは、具体的には
ジョン・ブレイボーンとリチャード・グッドウィンが製作した下記の4本です。

『オリエント急行殺人事件』 "Murder on the Orient Express" (1974)
『ナイル殺人事件』 "Death on the Nile" (1978)
『クリスタル殺人事件』 "The Mirror Crack'd" (1980)
『地中海殺人事件』 "Evil Under the Sun" (1982)

数か月前に、この4作をセット化した
"Agatha Christie - Mistery Collection"というイタリア版BDを購入しました。



イタリア版で買おう、という気になる商品は他にあまりないので、
この時の購入はこの商品だけです。
送料と合わせて28.53EUR。
アマゾンで「日本円で注文」オプションを使ったところ、4121円になりました。

『オリエント』以外の3作は日本でも発売済みです。
(イタリア版でもこれら3作には日本語字幕が収録されていますし、
おそらくディスク内容は同一でしょう。)



これらの日本版のその時点でのアマゾンJP価格は各1409円、合計で4227円。
日本版3枚の合計とほぼ同額なので、『オリエント』が無料になったようなものです。

いずれ『オリエント』の日本版BDが日本語吹替え収録で出れば追加で買うかもしれませんが、
そうなったとしても合計の出費は変わらないので、この際このセットを買ってしまおう、と考えました。

加えて、外箱はなかなかオシャレで単品ケースを並べておくより見栄えが良いです。
画像

画像

なお、イタリアのアマゾンでの購入はこれが初めてでしたが、発送から6日で到着しました。
(ただし「在庫あり」状態だったのになぜか発送は注文から3日後でした。)

海外のアマゾンとしてはアメリカ、イギリス、フランスからの購入経験がありますが、
どうもアメリカからよりもヨーロッパからの方が早く到着する傾向があります。
私はいつも一番安い配送方法を指定するのですが、
アメリカからだと3-4週間、ヨーロッパからだと1-2週間で届くことが多いようです。


個別ケース
画像

画像

画像


メニュー

最初にメニュー言語を選択する方式です。

『オリエント』には日本語がありません
画像

『ナイル』その他には日本語があります
画像

(他の2作のメニューはほぼ同じデザインなので省略します。)

実際のメニューはアイコン方式で文字はほとんど使われていなません。

『オリエント』
画像


『ナイル』
画像

画像

画像

画像


日本語と英語のメニューを比べても内容に違いが見えないので、
何のために言語を選択させているのか、不可解です。
もっと他の言語を選択して見れば何か違いが見えるかもしれませんが、
そこまでは調べていません。


英語字幕表示例(『オリエント』)
画像


日本語字幕表示例(『ナイル』)
画像

『マダムと泥棒』もそうでしたが、
スタジオカナルの国際仕様BDの日本語字幕のフォントは、
何となく安っぽく、読みづらく感じます。


画質

この種の映画には「ゴージャス」な画像を期待したいものですが、全体的にはやや失望。
もちろんDVDよりは向上していますし、決して悪くはないのですが、
これが可能な最上の画質とも思えない。

特に、『オリエント』はDVDからの向上が一番少ないように感じました。

元々、私の持っているこれら4作のDVDの中では『オリエント』の画質が一番良かったので、
他の3作と同じレベルでも改善が見えにくいのかもしれません。

また、撮影のジェフリー・アンスワースは柔らかい感じの映像を撮る傾向があるので、
最近のくっきり・はっきりのディジタル映像に慣れた目で見ると
そういうスタイルが低画質に見えてしまうのかもしれません。
画像

画像

画像


特典

4作とも特典は全くありません。
予告編すら無い。

『オリエント』のDVDには日本版でもそれなりの特典がありましたし、
他の3作はUS版DVDにある程度の特典が収録されていましたので、
権利上の問題でしょうが、残念です。
(後者については、Pt.2で書くことにします。)


関連商品

UKでは『クリスタル』を除いたポワロもの3作のBDセットが出ています。
"The Poirot Collection"


この3作は単品でも出ているのですが、
『クリスタル』だけはなぜか単品でも出ていません。


イタリア版と同仕様と思われるBDセットがオランダでも出ており、
アマゾンUKで入手可能です。


なお、イタリア版BDもアマゾンUKで入手可能です。

イタリア語のサイトでの買い物は気が進まないという方には、
これも一つの選択肢でしょう。


スーシェ版ポワロの全作収録BDが北米で2014-11-04発売予定。
"Agatha Christie's Poirot, Complete Cases Collection"



BBCのジョーン・ヒクソン版マープルのBDが北米で2014-10-28発売予定。
パッケージには「HDリマスター」と書かれています。
"Miss Marple: Volume One"



どちらもUKに先駆けてのBD化だろうと思います。


[2016-01-11追記: ここで取り上げた4作セットの簡易パッケージ版と思われる廉価版が、
2015-11-25に発売されていました。

詳細情報が無いので確言はできませんが、おそらく同じディスク内容だろうと推測しています。
]

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)
早川書房
2012-08-01
アガサ・クリスティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ナイルに死す (クリスティー文庫)
早川書房
2012-08-01
アガサ・クリスティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナイルに死す (クリスティー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック