『エクソシスト』全作収録US版BDは日本語収録



以前、
『エクソシスト』全作収録BDが北米で今秋発売予定
という記事で
"Exorcist: Complete Anthology"
の発売情報を書きましたが、
実際入手してみたところ、
全作に日本語字幕が収録されていました。
一部には日本語音声も収録されています。

実はまだ本編も特典も全く見ていないのですが、
各ディスクのメニューで確認しました。

詳細は後述しますが、まずは外観から。


パッケージ

外箱

US版にしては厚みのある、しっかりした作りです。
画像

画像

厚みは通常のDVDケースと同じくらいです。
画像


内側ケース

画像

封入物はありません。

ディスクレーベル

画像

画像

画像


メニュー

全ディスクとも、プレーヤー側のメニュー言語を日本語にしておけば
日本語メニューが表示されます。
内容については、下記の画像をクリックして拡大表示してください。


Disc 1: The Exorcist エクソシスト (劇場公開版) (1973)

言語
画像

特典
画像


Disc 2: The Exorcist: Extended Director's Cut エクソシスト/ディレクターズ・カット版 (2000)

言語
画像

特典
画像


Disc 3: Exorcist II: The Heretic エクソシスト2 (1977)

音声
画像

字幕
画像

特典
画像


Disc 4: The Exorcist III エクソシスト3 (1990)

音声
画像

字幕
画像


Disc 5: Exorcist: The Beginning エクソシスト ビギニング (2004)

音声
画像

字幕
画像

特典
画像


Disc 6: Dominion: The Prequel to the Exorcist (2005)

音声
画像

字幕
画像

特典
画像


1作目の2枚は、『25周年記念盤』と同じ内容です。


(『25周年記念盤』のメニューのキャプチャはこちらで紹介しています。)

その後に出た『40周年記念盤』は新規特典を収録した3枚組ですが、


仕様を見ると最初の2枚は『25周年記念盤』と同じ内容で、
新規特典は全て3枚目に収録されているようです。
この『40周年記念盤』のDisc 3がここに収録されなかったのは
"Complete Anthology"という趣旨からすれば残念。

なお、日本語収録の証拠を提示するのが今回の記事の目的なので、
英語メニューや日本語字幕の表示例など、
上記以外の画面はまだキャプチャしていません。
(いずれこちらのサイトに追加しようとは考えていますが、いつになるやら。)


その他

価格

以前にも書いたとおり、
私は1作目の2バージョンは『25周年記念盤』BDで持っているし、
購入当時は送料込みで3800円程度の計算だったので、
もう少し値が下がるまで待とうかとも思いましたが
『3』と『ドミニオン』のそれぞれに1500円ずつ、
『2』と『ビギニング』に500円ずつ、くらいなら出すだろう、
と考えるとそれで4000円になるので、
これでも十分元が取れると思い、購入を決めました。
(これを書いている時点では、既に私が購入した時より少し安くなっています。)


日本での発売の可能性

『2』『3』は日本でもWHVから既にBDが出ているので、

『ビギニング』『ドミニオン』もWHVに権利があれば単品も、
アンソロジーも同時に発売していたでしょうから、
この仕様で日本版が発売されることは当分はないのではないでしょうか。

もちろん、これは私個人の単なる推測でもしかありません。
権利関係の交渉に時間がかかっているとか、
他社が持っている『ビギニング』の発売権が切れるのをWHVが待っている、
というだけのことで、案外早く出るこのかもしれません。

しかし、いずれにしてもUS版がこの仕様であれば国内発売がなくとも、
日本のファンにとってもほぼ問題ないのではないでしょうか。

これを書いてる時点では日本のアマゾンでは取扱いが無いようですが、
いずれ扱うようになる可能性もありますし、
その他の輸入盤を扱うオンラインショップなどを探せば、
既に扱っているところもあるかもしれません。

[2016-10-03追記: いつの間にか、日本のアマゾンでも買えまるようになっていました。

]



この記事へのトラックバック