『ハード・デイズ・ナイト』クライテリオン版BD

"A Hard Day's Night" - Criterion Collection


7月にB&Nでクライテリオン・コレクション全品50%OFF、
などということをやっていたのでいろいろまとめ買いした中の一つですが、
最近ようやく見ることができました。

以前書いた
『ハード・デイズ・ナイト/A Hard Day's Night』クライテリオンよりBD発売決定
という記事の補足のようなものですので、
そちらも読んでおいて頂けるとありがたいです。


パッケージ

- 外箱
画像

画像

外箱の内側にまで、コンサート会場の客席の様子が印刷されていました。
画像


- ディジパック
画像

画像

画像


- ブックレット
画像

画像

「ブックレット」と呼ぶのが憚られるほどの厚さがあります。
中身はまだ読んでいません。


メニュー

メニューは動画で、劇中使用曲が流れます。
画像

- タイムライン
画像

- チャプター
画像

- 音声解説
画像

本編のチャプターとは別の、音声解説の内容に即したインデックスが設けられています。

- 音声オプション
画像

- 特典
画像


以下は特典でサブメニューのあるもの。

-- "You Can't Do That: The Making of A Hard Day's Night"
画像

日本でも『メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト』
として単品LDやDVDで発売されたことのあるドキュメンタリーです。

-- リチャード・レスター
画像

短編映画"The Running Jumping and Standing Still Film"
とドキュメンタリー"Picturewise"

-- "The Beatles: The Road to A Hard Day's Night"
画像

マーク・ルイソーン(Mark Lewisohn、"Tune In: The Beatles: All These Years"の著者)が、
メンバーの誕生から『ハード・デイズ・ナイト』に至るまでの
ビートルズの歩みを語ります。

-- 予告編集
画像



気になったこと

- "I'll Cry Instead"

大昔のクライテリオンのLDは、
1986年の再公開時にプロローグ風に付けられていた
"I'll Cry Instead"で始まっていましたが、今回は無し。

本編はこの方が本来の形なので良いと思いますが、
"I'll Cry Instead"のモンタージュ映像もなかなか良かったので、
特典として別途収録してほしかった。


- "Video Interview with Richard Lester"

LDには"Video Interview with Richard Lester"という、
3分程のモノクロのレスターのインタビューが収録されていましたが
(内容から見て1965年頃の収録ではないかと思われます)、
画像

これもBDには収録されていません。
さほど惜しい内容ではありませんが、
クライテリオンのLDにあった特典がBD/DVDに無い、
というのは比較的珍しいことなので、気になりました。


- "You Can't Do That"の演奏場面

ドキュメンタリー"You Can't Do That"に含まれている、
楽曲"You Can't Do That"の演奏場面は、
ドキュメンタリーの中ではフィル・コリンズの喋りが頭の方に被さっていますが、
本編の終了後に独立した形でも収録されています。

それは良いのですが、
ドキュメンタリーにはチャプター/インデックスが付けられていないので、
直接これを選択できないのは不満です。
(ブックマーク機能を使えば可能かもしれませんが、試していません。)


- ドイツ版の特典

購入前に少し迷ったのがドイツ版です。

BDx1+DVDx3の4枚組スペシャル・エディション、というのが興味を惹きます。

(BD1枚の通常版も出ています。)

基本的には
  • BDDVD 1 は本編+音声解説+予告編

  • DVD 2クライテリオン版の特典の大部分

  • DVD 3カナダ・アライアンス版の特典の大部分 +
    短編映画"The Running Jumping and Standing Still Film"(クライテリオン版にも収録)

という構成のようです。

アライアンス版の特典というのは、どうも
ビートルズのメンバーとジョージ・マーティンとリチャード・レスターの6人を除いた、
関係者のインタビューを豊富に揃えたものなので、
価格差に見合うほどの価値はなかろう、ということと、
やはり"The Criterion Collection"のブランドへの信頼感から、
クライテリオン版を選びました。

今回、BDが各国で発売されたことで
アライアンス版は今後値崩れしていくかもしれませんし。

詳しい比較はこちらをご覧ください。


関連ビデオ

マーク・ルイソーンが自著"Tune In: The Beatles: All These Years"に関して語ります。


クライテリオンのYouTube公式チャネルから:






 


[2015-12-04広告追加:

]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック