SPEの「吹替洋画劇場」BD

以前の記事で、ソニー(SPE)はBD/DVDへのテレビ版吹替に一番消極的だ、
というようなことを書いたのですが、
Foxの「吹替の帝王」に刺激されたのか、
SPEも「吹替洋画劇場」という新たな商品ラインを設けました。
第1弾は2014-12-24発売予定。

既発のディスクに、吹替え収録の新ディスクを特典ディスク的に加えた
2枚組にしているようですが、たぶんこの方が売る側にとってはコスト安なのでしょう。

詳しく調べていませんが、SPEもこういう商品を出す、ということは良い傾向だと思います。

特に『博士の異常な愛情』は、ピーター・セラーズの一人三役を、
大塚周夫中村正愛川欽也の三人が演じたTV放映版と、
山路和弘が一人で演じたDVD用の新録版の
両方で観られる、というのは魅力です。



ストリーミングではなく所有していたい、と考える人には、
こういうのは確かに「売り」になるでしょう。

この調子で『ナバロンの要塞』も、城達也版で出してほしいものです。

Foxの「吹替の帝王」は吹替えに対する姿勢は良いのですが、
個人的には、吹替え台本を付けたりして
大きなボックスセットになってしまっているのはマイナスです。
台本はPDFでディスク内に収録してくれた方がありがたい。


とにかく、両社とも私にとってはまだ高額すぎて買いづらい。
私にとっては日本語吹替は重要な付加価値ですが、それでも
せめて3000円を切るようにしてほしいものです。


なお、これは「吹替洋画劇場」ではありませんが、
『ナバロンの嵐』も2014-12-24発売です。(吹き替えあり。)



これを書いている時点で出ているカバーアートがそのまま採用されるなら、
先行発売された海外各国版よりもずっと良いです。

[2015-02-08追加: 2015-02-25発売予定の2-Pk

]


吹替洋画劇場 コロンビア映画90周年記念『戦場にかける橋』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-01-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 吹替洋画劇場 コロンビア映画90周年記念『戦場にかける橋』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのトラックバック