"Dr. Crippen"(1963) UK版DVD



切り裂きジャックゾディアックほどではありませんが、
犯罪史上かなり有名なクリッペン医師事件を描いた、
1963年のイギリス映画です。
画像

実際の事件についてはネット上にいろいろ情報がありますから、
そちらを参照して下さい。

以下は事件のあらましはご存知という前提で書きます。


作品情報

この映画はたぶん日本未公開だと思いますので、
まずは作品情報を簡単に書いておきます。

監督: ロバート・リン
脚本: リー・ヴァンス
撮影: ニコラス・ローグ

出演:
ドナルド・プレザンス (クリッペン医師)
コーラル・ブラウン (ベル [クリッペンの妻])
サマンサ・エッガー (エセル [クリッペンの愛人])
ジョン・アーナット (デュー警部)

監督も脚本も、どちらかと言えばTVの人たちのようです。


基本仕様

ディスク: DVDx1
リージョンコード: 2
ビデオ: PAL
AR: 1.78:1 (16:9対応アナモフィック)
音声: 英語 モノ
字幕: なし
本編時間: 92分


パッケージ

画像

"Horror Classics"というバナーがありますが、
この作品をホラーに分類するのはかなり無理があります。

血まみれ感を強調するような色調、
悲鳴を上げる女性(本編にこんな場面はない)を前面に出した上に、
プレザンスの表情も残忍そうに描かれたカバーは、
実際の作品の雰囲気とはかけ離れた印象です。

DVD用にスラッシャー映画のように見せようとしたのかと思いましたが、
どうも劇場公開時のポスターをほぼそのまま使っているようです。

ディスクレーベル
画像

封入物はありません。


メニュー

画像

場面選択
画像

画像


音声オプションや特典はありません。


画質・音質

特別に良いわけではありませんが、気になるほど悪くもありません。
オープニング・クレジットが終わるあたりまでは垂直のキズが見えたりしましたが、
それ以外はキズやゴミなどが気になることはありませんでした。


内容について

映画は、逮捕・起訴されたクリッペンとエセルが
法廷に連れてこられるところから始まります。
画像

これでまず、この事件についての知識のない観客にも、
この二人が殺人罪で裁かれようとしていること、
これから我々はそれがどういう事件だったのかを知ることになるのだ、
ということがわかります。

そこからは、裁判の進行と、事件前から彼らが逮捕されるまでの経緯が
交互に描かれ、判決が下されてクリッペンが処刑されるところで終わる、
という構成になっています。
画像


1963年の作品なので、その後明らかになった事実と矛盾してしまうのは仕方がありませんが、
製作当時に考えられていたであろう事件の経緯を、センセーショナリズムではなく、淡々と見せています。

しかし、記録だけからはわからないはずのことも描写されており、
人物造形は現実とは少し違うものになっているような気もしましたが、
そこは主要人物3人の関係を描くドラマとしての面白さを追求したからでしょう。

結果、この事件について全く知らずに、普通にフィクションだと思って見ても
十分面白いものになっていると思います。

やや意外でしたが、クリッペン自身には明確な殺意はなかったような描き方がされています。
映画の中では、妻の死は彼の不注意と、
ほとんどコメディーのような偶然が重なった事故のようなものです。

処刑直前の場面でも、クリッペンはなぜそんな大量の薬物が彼女の体内から発見されたのか理解できない、と言っています。
画像


一方、ベルは傲慢で嫌な女には違いないが、「悪妻」になったのは、
少なくとも部分的にはクリッペンが彼女をちゃんと女として扱わないせいであり、
これ見よがしに男を家に連れ込むといった行動も
彼にあてつけて注意を惹こうとしてやっている、という、
同情の余地のある描き方になっています。
画像


ドナルド・プレザンスがクリッペン医師を演じる、
というその一点だけで「これは見なければ!」となった映画なので、
見始めるまではサマンサ・エッガーが出ていることには気づかなかったのですが、
これがまた素晴らしかった。

プレザンスは予想通りに良かったが、
エッガーは予想以上に良かったので、印象がより強いです。
画像


法廷場面では検事や証人たちなど、
やや力量の落ちる役者たちが前面に出てしまうので
ちょっとウソくさくなりますが、
ほとんどただ被告席に座って進行を見ているだけの
プレザンスとエッガーの二人が画面に出ると、
その表情の僅かな変化やちょっとしたしぐさだけでも見ていて面白い。
役者の力量が違うとこうも違うものか、と思います。
画像


プレザンスとエッガーのどちらも出ていない部分ではとたんに平板になってしまうので、
映画全体としては傑作というところまでは達していないと思いますが、
この二人の演技だけでも見る価値があります。







Crippen: A Novel of Murder
Thomas Dunne Books
2010-04-01
John Boyne

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Crippen: A Novel of Murder の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



偽のデュー警部 (ハヤカワ・ミステリ文庫 91-1)
早川書房
ピーター・ラヴゼイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 偽のデュー警部 (ハヤカワ・ミステリ文庫 91-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



The False Inspector Dew (English Edition)
Sphere
2013-08-01
Peter Lovesey

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The False Inspector Dew (English Edition) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



コレクター [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コレクター [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ザ・ブルード/怒りのメタファー リストア版 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-05-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・ブルード/怒りのメタファー リストア版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック