『スミス都へ行く』US版BD(日本語字幕付ディジブック )

"Mr. Smith Goes to Washington" - 75th Anniversary Edition



本作は日本でもBDが発売済みですし、
後述するようにディスク仕様は日本版と同じだと思われます。


さらに、送料を考慮すると日本版より高くつく可能性もありましたが、
私はディジブックが好きなので、US版を選びました。


基本情報

ディスク: BDx1
リージョンコード: フリー (パッケージにも明記)
映像: 1.37:1 (1080p)
時間: 129分

音声・字幕については後述の「メニュー」を参照して下さい。


パッケージ
画像

画像

画像

画像

なお、片面にUltravioletのダウンロード用、
もう片面にSony Rewardsの登録用のコードが印字された紙が一枚、
封入されていました。


- ブック部分(28ページ)

ジェレミー・アーノルドのエッセイが記事の大半を占めます。
画像

記事はまだほとんど読んでいませんが、
製作風景の写真だけでも(量は多くはありませんが)
なかなか興味深く見ることができます。
画像

他に監督と主演二人のフィルモグラフィーなどが記載されています。


メニュー

プレーヤーのメニュー言語を日本語に設定しておけば、
日本語メニューが表示されます。
画像

以下のキャプチャ画像は日本語メニューだけです。
(英語メニューの画像は、DVDBeaverのレビューで見られます。 )

このメニューでは、カーソルが移動するのではなく、
選択している項目が常に一番左側にくるように
メニュー項目の方が横方向にスクロールします。


- 音声/字幕
画像

以下のサブメニューは、どれも言語が豊富で
一度に全てを見ることはできませんが、
上下キーでスクロールします。

-- 音声
画像

  • 英語 dts-HD MA モノ

  • フランス語 DD モノ

  • ドイツ語 DD モノ

  • イタリア語 DD モノ

  • ポルトガル語(ブラジル) DD モノ

  • スペイン語(カスティーリャ) DD モノ

  • スペイン語(中米) DD モノ


-- 字幕
画像

  • 英語

  • 英語SDH

  • 中国語(繁体)

  • ギリシャ語

  • 日本語

  • 韓国語

  • ポルトガル語(ブラジル)

  • ポルトガル語(ポルトガル)

  • スペイン語

  • タイ語


-- 音声解説用字幕
画像

  • 英語

  • フランス語

  • ドイツ語

  • イタリア語

  • 日本語

  • ポルトガル語

  • スペイン語



- 場面選択
画像


- 特典
画像

SPEジャパンの商品情報を見ると、
収録された特典は日本版BDと全く同じであるように思えます。
  • フランク・キャプラJr.による音声解説

  • フランク・キャプラJr.『スミス都へ行く』の想い出を語る(480i, 4x3, 12分)

  • フランク・キャプラJr.が語る「黄金時代」(480i, 1.78:1 & 4x3, 18分)

  • フランク・キャプラの共同制作者たち(480i, 1.78:1 & 4x3, 20分)

  • フランク・キャプラJr.が語る「家族の歴史」(480i, 1.78:1 & 4x3, 26分)

  • 私の知るフランク・キャプラ(480i, 1.78:1 & 4x3, 13分): 出演:ジャニーン・ベイシンガー(ウィスコンシン大学フランク・キャプラ・アーカイヴ)

  • 長編ドキュメンタリー「フランク・キャプラのアメリカン・ドリーム」(480i, 4x3, 109分): ナレーター&案内役:ロン・ハワード。出演:マーティン・スコーセージ, ゲイリー・マーシャル, ジョン・ミリアス, ロバート・アルトマン, 他多数。

  • 劇場予告編(1080p, 1:43)

  • 国際版予告編(1080p, 3:55): 本編未使用の、帰郷したスミスの歓迎パレード場面が含まれています。

これらの中で、ARが1.78:1の特典映像は、なんだか4:3の上下を切り落としたような印象を持ちました。
人物の頭部が切れていたり、画面の中で顔が大きすぎたり、どうも不自然な構図になっているように感じられます。


日本語字幕の表示例

- 本編
画像

画像

- 音声解説
画像

- 映像特典
画像


画質

4Kスキャンでリストア処理が施されたということで、
各種レビューサイトでも高評価になっています。
DVDBeaverのレビューにある、過去のDVDとの比較などを見ても、
ゴミやキズなどが取り除かれているのがはっきりわかります。

ブック部分にもリストアについての記事があり、修復前後の比較写真が出ています。
画像

これは一番極端な損傷部分なのかもしれませんが、
なにしろ「75周年記念版」ですから、その古さを考えれば、
このBDは基本的には十分良い画質だと思います。

しかし、正直なところ、私は少しだけがっかりしました。
シャープさや黒の深みに欠けるきらいがあります。

60インチ弱のプロジェクタ、20数インチの液晶モニター、11.6インチのノートPC、
で見比べましたが、さすがに画面が小さくなるにつれて良く見えてきます。
しかし、映画のBDは、多くの人は40インチ以上の画面で見るでしょうから、
そのサイズで考えると、これは少し残念。

こちらの期待が高すぎたのでしょうが、
同時代(あるいはそれ以前)のモノクロ作品でも、
さらに良い画質のBDを(Criterion版などで)見たこともあるので、
やや失望感があった、というのが正直なところです。


雑記

ところで、パッケージには"CAPRA COLLECTION"というバナーが見えますが、
SPEがキャプラ作品をBD化したのはこれが最初のはずです。

これは今後、コロンビア時代の他の作品も"CAPRA COLLECTION"として
BD化されていく予定だという意味でしょうか。
ぜひそうであってほしいものです。

そう言えば、SPEは2006年に
"The Premiere Frank Capra Collection"
というDVDセットを出しています。


『スミス都へ行く』(Mr. Smith Goes to Washington)
『或る夜の出来事』(It Happened One Night)
『我が家の楽園』(You Can't Take It with You)
『オペラハット』(Mr. Deeds Goes to Town)
『狂乱のアメリカ』(American Madness)

の5作に、今回『スミス都へ行く』に収録された
「フランク・キャプラのアメリカン・ドリーム」(Frank Capra's American Dream)
を加えた6枚組でした。

収録5作は全てリマスター版で、全作に音声解説と、
「フランク・キャプラJr.想い出を語る」フィーチャレットが収録されていたそうです。

『或る夜の出来事』は比較的最近Criterion CollectionからBDが発売されたので、
残りの3作のBD化が期待されます。


(なお、上で張り付けた写真の中に妙に黄色っぽいところが見えますが、
これは撮影時に私が着ていた服の色が反射したようです。
別に紙が黄ばんでいるわけではありませんので、念のため。)

参照英文レビュー: Blu-ray.com, DVDBeaver



[2015-07-28: 日本のアマゾンへの商品リンクを追加]


スミス都へ行く [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スミス都へ行く [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オペラハット [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オペラハット [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック

  • 『我が家の楽園』北米でBD化

    Excerpt: 以前、「『スミス都へ行く』US版BD(日本語字幕付ディジブック )」という記事を書いた時に、 パッケージに"CAPRA COLLECTION"というバナーがあるが 他のキャプラ作品もコレクションと.. Weblog: jadow81のブログ racked: 2015-09-26 14:39
  • 日本語収録の海外版BD (フューグッドメンUHD/他)

    Excerpt: これから発売されるか、比較的最近発売された海外のBDを中心に 日本語の字幕/音声が収録されているもので、 同趣旨の前回記事以降に私が気づいたものを挙げます。 Weblog: jadow81のブログ racked: 2018-04-21 22:29