『インターステラー』UK版BD(日本語収録ディジブック)

"Interstellar" - Limited 2-Disc Digibook Edition


イギリスで限定発売されたディジブック版です。

詳細は後述しますが、この商品には
日本語の字幕・吹替が収録されていたので、
まだ特典はほとんど見ていませんが、
急いで紹介記事を書くことにしました。

(なお、ここでは内容には触れません。)

この映画のBDは各国でスティールブックその他、
いくつかのバリエーションがありますが、
「氷の惑星」版や「海面」版よりも、
CDでも使われているこちらのアートワークの方が好みです。


(北米でWal-Mart限定で販売された商品が、
パッケージデザインだけを見れば一番良い気もしますが、
これは事実上入手不可能なので無視。)

[2016-05-23: 前記のWal-Mart限定版らしきものがAmazonに出品されていました。

]

購入額は送料と合わせて18.46ポンド、3340円になりました。
(これを書いている時点では、少し値上がりしているようです。)

普段の私の買い方からすればかなり高く感じましたが、
それでも購入時の実勢価格では
日本のスティールブック版の6割程度でしたし、
日本の普及版より300円程高かっただけでしたから、
そう悪い買い物ではないだろう、と思いました。


基本情報

ディスク: BDx2
リージョンコード: フリー (パッケージには明記なし。)

言語仕様については後述のメニュー画面を参照して下さい。


パッケージ
画像

画像

上部から裏面を覆っていた宣伝用の紙は、
3箇所でディジブック裏面に糊付けされていました。
ゆっくり剥がすと、糊の跡は残りません。

画像

ディジブック そのものには少しがっかりしました。

写真ではわからないでしょうし、文章でも説明しにくいのですが、
外装にはちょっとざらついた手触りの紙が使われています。

それ自体は悪くはない物ですが、
こういう紙質だと色がくすんでしまうため、
地味で落ち着いたデザイン向きだと思います。
(上に貼った写真は実際よりも濃い色味になってしまいました。)

もっと艶やかな紙を使っていれば、
このアートワークはもっと映えたことでしょう。

また、これは私が入手したモノ特定の問題でしょうが、
なんとなくスレというか汚れというか、ちょっと中古品のような感じがありました。
シュリンクラップをかける前の段階で作業者が乱暴に扱ったのでしょうか。
交換を要求するほどはっきりとした損傷ではないのでガマンしますが、
いささか不愉快です。


封入された紙の裏にはUltravioletのダウンロード用コードが記されています。
画像

本来はその用が済んだら捨てるものなのでしょうが、
この紙が折れていたのも不愉快でした。

海外版の商品には、こういう細かいところにいい加減さが見えるものが多いです。
その種のことが気になるなら高くとも日本版を買うべきなのでしょうが、
そこが貧乏人の辛いところです。


ディスクレーベルが青一色とはいささか意外でした。
画像

中央の穴ではなく周辺のツメで留める方式です。


ブック部分(48ページ)にはタイトルとして
"A Selection of Imagery from
Interstellar: Beyond Time And Space
Inside Christopher Nolans Sci-Fi Epic
by Mark Cotta Vaz"

とあります。
画像

つまり、基本的にはマーク・コッタ・ヴァズ
"Interstellar: Beyond Time And Space: Inside Christopher Nolans Sci-Fi Epic"という本の抜粋のようです。


日本版BDの商品情報を見ても、ブックレットは
"Interstellar: Beyond Time and Space"(縮小版/日本語/48ページ)
とあるので、おそらく同じ内容なのでしょう。
画像


メニュー

メニュー言語を日本語に設定しておけば、
日本語メニューが表示されます。


日本語メニュー

- BD 1: 本編
画像

-- 場面選択
画像

-- 音声/字幕
画像


- BD 2: 特典
画像

-- 収録特典
画像

--- ビハインド・ストーリー
画像

画像

画像

--- 予告編集
画像

-- 音声/字幕
画像


英語メニュー

- BD 1: 本編
画像

-- 場面選択
画像

-- 音声/字幕
画像

英語メニューでは日本語オプションがなく、
その代わり日本語メニューにはない、豊富な言語オプションが利用可能です。


- BD 2: 特典
画像

-- 収録特典
画像

-- 音声/字幕
画像


特典のサブメニューは省略しました。


日本語字幕の表示例

本編
画像

画像

特典
画像


日本語収録についての補足

日本語の収録はパッケージの言語仕様には記述されていません。

しかし、前述のように日本語メニューが表示可能だということ、
リージョンフリーであること、
主要国での発売日に大きな違いが無いこと、
などを考え合わせると、
この商品もまた、ディスクは各国共通仕様でオーサリングし、
パッケージだけ国別に用意する、という方式であろうと推測されます。
(WHVはこの方法をよく採用します。)

Blu-ray.comDVDBeaverによれば、
USA版には日本語は収録されていないことになっていますが、
これらは英語メニューしかチェックしていないから、
そういう記述になっているのではないか、と思われます。

一方で、Blu-ray.comのUK版情報では、日本語収録を明記しています。
このあたりはレビューアーがどこまで調べるか、という違いなのかもしれませんが、
「北米版」とその他の「国際版」という2種類が製作された可能性もあります。

とはいえ、私はこのUK版だけでなく、
USA版や他の国のBDにも日本語が収録されている可能性は高い、
と考えています。

もちろんあくまで推測ですから
「USA版BDを買ったら、日本語はなかったぞ」
などということがあっても、自己責任でお願いします。







[2015-12-04 広告追加

]

この記事へのトラックバック