『L.A.大捜査線/狼たちの街』US版DVD(SE)

"To Live and Die in L.A." (1985) - Special Edition


2003年発売の「スペシャル・エディション(SE)」DVDで、日本語はありませんが、
日本版DVDや各国のBDには無い特典が収録されています。

前回、フリードキンの『恐怖の報酬』について書いたので、
古いDVDですが今回はこれにしました。


BDのリリース状況

この映画のBDは北米よりも日本で先に出たのですが、DVD同様、特典無しでした。
(日本のFoxサイトでは見つからなかったので廃盤かもしれませんが、現在のところ入手は容易です。)



北米では2010年と2011年にBDが発売されています。

2010年版はBD+DVDの2枚組なのですが、
BDの方には特典が無く、同梱のDVDが、今回取り上げるDVDと同じ内容という、
手抜き感の漂う商品でした。


さらに、2011年版は、その特典無しのBD1枚だけ。


BDに特典が無い、という点は、私が調べたかぎりではその他各国とも同じです。


SE DVD

  • 基本情報

    • ディスク: DVDx1

    • リージョンコード: 1

    • AR: 1.85:1

    • ビデオ: NTSC

    • 本編時間: 116分

    • 音声: 英語 5.1 / フランス語 ステレオ / スペイン語 モノ

    • 字幕: 英語 / フランス語 / スペイン語


  • パッケージ
    画像

    画像

    封入物はチャプターリスト1枚です。

  • メニュー

    • トップメニュー
      画像

      動画メニューです。

    • 場面選択
      画像


    • 言語
      画像


      本編の英語字幕表示例
      画像


    • 特典
      画像


      • ウィリアム・フリードキンによる音声解説

      • メイキング・ドキュメンタリー "Counterfeit World"(偽造の世界) (30分)
        画像

        2003年に作られたものなので、インタビューに登場する俳優たちは本編で見るよりだいぶ老けています。
        画像

        画像

        画像


      • 別エンディング・フィーチャレット(解説付きで再生) (8:39)
        スタッフ&キャストが、この別エンディングが作られた経緯について語った後に、その別エンディングが再生されます。

      • 別エンディング(だけを再生) (6:06)
        画像

        本編の方のネタバレになるので内容は書きませんが、「これはないだろ」というようなものです。

      • 削除シーン・フィーチャレット(解説付きで再生) (4:25)
        フリードキンとジョン・パンコウ(ヴコヴィッチ)が語ってから削除シーンが再生されます。
        画像

        フリードキンはここで
        「これを見たのはほぼ20年ぶりだが、二人の演技は本当に素晴らしいし、なぜカットしたのかわからない。できれば本編に入れ直したいくらいだ」
        などと言っています。

      • 削除シーン(だけを再生) (2:20)
        ヴコヴィッチが別れた妻を訪れる場面です。
        (既に離婚したのか、離婚前提で別居中なのかは、わかりませんでした。)

        削除シーンではよくあることですが、画質は悪いです。
        画像

        これだけを見るとたしかに惜しい気もしますが、元々入るはずだった場所を考えると話の流れとしては良くないので、カットで正解でしょう。

      • 静止画ギャラリー
        動画ではなく、「次へ」を押していくタイプ。
        なぜか全てモノクロ。

        ロビーカードに使われるようなものが多いですが、
        撮影風景なども含まれています。
        画像


      • 予告編集

        • 劇場予告編 (2:06)

        • 特報 (1:25)

        • 他のMGM作品の予告編集


こういう特典を実際DVDの片面に本編と共に収録しているのですから、
BDに収録したら画質・音質に影響する、というようなこともないだろうに、
なぜ入れないのでしょうか。

MGM製作の特典を入れると、その使用権のために
販売元のFoxの儲けが減る、というようなことなのでしょうか。

買う側としては、出し惜しみしないで最高の商品を出してほしいものです。


[2016-07-31追記: Shout! Factoryが新しい「スペシャル・エディション」BDを
2016年末に発売予定だそうです。(参照: Blu-ray.com)
特典その他詳細はまだ不明です。]

[2016-08-06追記: 前記のShout!からの新しいBD(コレクターズ・エディション)の
発売日が2016-11-22と発表されました。

]

[2016-08-13追記: ArrowからUK版BDが2016-11-21に発売されます。


こちらは既に特典が記述されていますが、ざっと見たところ、
上記のUS版DVDの特典は全て入っているようです。

さらに新規特典が追加されるかどうかは不明です。]

[2017-10-10追記: 日本版BDが2017-11-15に発売予定です。

L.A.大捜査線/狼たちの街 [Blu-ray]
キングレコード
2017-11-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by L.A.大捜査線/狼たちの街 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ある程度の特典が収録されるようですが、Shout!やArrow版よりは少ないように見えます。
(詳細な比較はしていません.。)]

ところで、YouTubeのMusic Vaultチャネルに
"To Live And Die In L.A."からの数曲を含む、
Wang Chung の1986年, Ritzでのライヴ (公式)があり、
なかなか良いです。


この記事へのトラックバック

  • 海外版BD新譜雑記 (MFKZ/まごころを君に/他)

    Excerpt: これから発売される、あるいは比較的最近発売された海外版BDを中心に、 普段のまとめ記事のテーマに合わないが 何となく目についたものを挙げてみます。 Weblog: jadow81のブログ racked: 2018-12-07 21:52