VAIO起動時のエラーメッセージ

以下の件は既にネット上で他の方も書かれていると思いますが、
私自身の記録というだけでなく、
実例の報告は多い方が良いと思いますので、
ここに書いておくことにしました。

現在私が使用しているノートPCはVAIOで、
OSはWindows 8.1です。

数日前にVAIOアップデートの通知が出たので何気なく実行したところ、
その後の電源ON時に、黒い画面の最上部に以下のメッセージが出るようになりました。
iolorgdf32 programs not found. Skipping AUTOCKECS.

このメッセージはすぐに消えて、ブート処理はそのまま進み、
サインイン後は特に問題なく使えていたので、
しばらく放置していたのですが、どうも気持ち悪い。

ネットで検索するとだいぶ前からある話らしく、結構な件数がヒットしました。

このエラーメッセージの性質というか、表示される仕組みについては
相栄電器のサポート情報がかなり詳しく、わかり易かったのですが、
対処方法としてはこちらの記述(英語)が単純でわかり易い。
それによると:
  1. C:\Windows\System32
    iolorgdf64.exe があることを確認する。

  2. レジストリエディタ(regedit)を起動する。

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager
    の中で、
    "autocheck autochk *""iolorgdf32"
    という値を持つエントリーを探す。

  4. "iolorgdf32""iolorgdf64"に変更する。
    (3264 に置き換えるだけ。)

  5. レジストリエディタを終了し、PCを再起動する。

  6. 再起動すると、このチェックプログラムが実行されるが、何かキーを押したりして邪魔しないこと。

要するに、起動時に実行されるチェックプログラムの名前が64であるべきなのに32と記述されているために、それが見つからないというエラーメッセージが出る、ということで、
64を指定しておけば何も問題ない、と。

で、自分のPCを見てみると、確かに
C:\Windows\System32\iolorgdf64.exe
というファイルがありました。
画像

regeditで
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager
を見ると、下記のような記述があったので、ここを変更。
画像

(regeditの画面の直接のキャプチャはなぜかできなかったので、
上記はregeditの「印刷」機能で「ファイルに出力」したものを
XPSリーダーで見た時の画面キャプチャです。)

再起動すると、何やらチェックプログラムが動いているらしいメッセージが表示されて、
すぐに通常のサインイン画面へ。
その後は問題なく使えました。

さらに再起動すると、以降はチェックプログラムのメッセージは出なくなり、
起動時の目に見える振る舞いはアップデート以前の状態に戻りました。

ところで、このiolorgdf64.exe自体は、いったい何をするプログラムなのでしょうか。

で、今度はこれに関する情報を検索して見たところ、
こちらの説明(英語)によると、このプログラムは
VAIO Careに属するファイルで、Sonyのコンピュータにプリインストールされており(つまり、Windowsのシステムファイルではない)、
パフォーマンスやトラブル関連事項をモニターし、診断ツールやアップデートに関する、使いやすいインターフェースを提供することを目的としている
…ということだそうです。






[2016-02-04広告追加

【送料無料】【税込み】【メーカー保証】ハイレゾを楽しむネットワークオーディオサーバー IO DATA HLS-C1.0HF
アイオープラザ 楽天市場店
※ネットワーク配信できるファイル形式です。再生可否はプレーヤー側の対応形式によります。  配信したす


楽天市場 by 【送料無料】【税込み】【メーカー保証】ハイレゾを楽しむネットワークオーディオサーバー IO DATA HLS-C1.0HF の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック