R・アトキンソンのメグレ


メグレと殺人者たち【電子書籍】[ ジョルジュ・シムノン ]
楽天Kobo電子書籍ストア
ひっきりなしに電話でメグレに救助と保護を求めた正体不明の男は、コンコルド広場で無惨な他殺体で発見され


楽天市場 by メグレと殺人者たち【電子書籍】[ ジョルジュ・シムノン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ローワン・アトキンソンメグレを演じるITV製作のTV映画シリーズが、間もなくイギリスで放送されます。

昨年の製作発表時に日本の映画サイトなどでも報じられたので、概要はそれらを参照して下さい。

一作目の"Maigret Sets a Trap" (メグレ罠を張る) が2016-03-28放送予定。
ITVの予告編を見ると、なかなか渋めです。

二作目の"Maigret's Dead Man" (メグレと殺人者たち) は2016-12放送予定だそうです。
が、Amazon UKでは既にこの二作を収録したBDの予約受付が始まっています。


ただ、発売日が2016-12-31となっているので、実際の発売日は未定なのではないか、とも思います。
[2016-12-06追記: 発売日は2017-01-09になりました。]

フランスを舞台にした話を、そのままの設定でイギリス人がフランス人を演じて、セリフは英語。
別に珍しい手法ではありませんが、フランス人が見るとどう思うのでしょうね。

例えば、日本を舞台にした日本人の話を中国人や韓国人が自国語で映画化したら、
日本人にとっては違和感のあるものになるに違いありません。

『太陽がいっぱい』などは、アメリカ人が見ると、登場人物がアメリカ人に見えない、ということがかなり気になるらしいです。


そういう意味では、この"Maigret"も、舞台をイギリスに移した方が良かったのではないか、という気がします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック