日本映画の海外版BD発売情報 (衣笠/三池/市川/他)

日本映画の海外版BDで、同趣旨の前回記事以降に私が気づいたものを挙げます。
(最近の発売とは言い難いものも含みます。)

仕様の情報は基本的にBlu-ray.comによっています。

対応する日本版BD(またはDVD)や、海外版BDが日本のAmazonで購入可能な場合は、それらも貼っておきます。

  • 狂った一頁 / 青年の肖像 (1926/1931)
    A Page of Madness / Portrait of a Young Man

    US: 2017-06-01



    収録作品

    特典
    • Cinema Then Cinema Now: CUNY TVでの『狂った一頁』に関する討論会。
      司会: ジェリー・カールソン教授(Professor Jerry Carlson)
      出席者: ハーヴィー・ロイ・グリーンバーグ博士(Dr. Harvey Roy Greenberg, 精神分析学者), ジョゼフ・アンダーソン(Joseph Anderson, 映画史家)


    ディスクには収録されていませんが、発売元のFlicker Alleyのサイトには
    収録作品に関するオンライン・エッセイがあります。

    この商品はMODのBD-Rですし、
    収録2作品のうち日本映画は1作だけですが、
    『狂った一頁』は日本では商品化が難しいという説もあるので、
    このUS版は注目に値すると思います。

    なお、『青年の肖像』という邦題は、
    武蔵野美術大学の映像データベースの表記に従いました。

  • Genius Party<ジーニアス・パーティ> / Genius Party Beyond (2008) - スタンダード版
    Genius Party / Genius Party Beyond

    UK: 2017-12-11



    このアニメは日本国内では未BD化のようですし、
    その上DVDさえ廃盤らしいので、挙げておきます。

    UKでは9月に限定版のコレクターズ・エディションが出ていたようですが、
    現在Amazon UKでは入手不可です。

  • ONE PIECE ワンピース - 劇場版コンプリート・コレクション (2017)
    One Piece Las Películas. Colección Completa

    ES: 2017-12-13



    これはパッケージに目がとまったので取り上げました。

    詳細は書かれていませんが、13枚組とあるので、おそらくは
    劇場版第13作の『ONE PIECE FILM GOLD』(2016)
    までの収録でしょう。


  • 無限の住人 (2017)
    Blade of the Immortal
    Blade of the Immortal - Tausend Tote gegen die Unsterblichkeit

    DE (スティールブック): 2018-01-12
    DE (通常パッケージ): 2018-03-20
    US: 2018-02-13
    UK (通常パッケージ): 未定 2018-04-06
    UK (スティールブック): 2018-04-30




    ドイツ版の特典は予告編のみ。

    UK版はArrow Videoから発売されるようですが、発売日は未定で、
    Amazon UKにもまだ商品ページはありません。
    特典などはこれを書いている時点では不明です。


    ただ、ArrowのYouTubeチャネルに
    UK版の予告編がアップロードされています。

    [2018-01-04追記: 2018-01-03付けのBlu-ray.comのニュースによると、
    US版の特典は下記のとおり:
    • フィーチャレット: 万次vs300人

    • 木村拓哉のインタビュー

    • キャストのインタビュー集

    • フォト・ギャラリー

    • オリジナル予告編集
    ]

    [2018-01-27: UK通常パッケージ版特典
    • オリジナル音声: 5.1 DTS-HD MA

    • 非表示可能な英語字幕

    • 三池崇史が語る『無限の住人』: 2017ロンドン映画祭で収録のArrow Video独占の新録インタビュー

    • 音声解説: トム・メス(Tom Mes, アジア映画専門家)

    • フィーチャレット: 万次vs300人

    • 製作中にセットで収録された出演者のインタビュー集

    • 静止画ギャラリー

    • オリジナル予告編集

    • 両面カバー: Arrow Filmsの劇場公開時のポスターと、オリジナル・アートワーク

    • 初回限定コレクターズ・ブックレット: アントン・バイテル(Anton Bite)による作品論など
    ]

    [2017-12-21: UK版情報更新]
    [2017-12-22: US版情報追加]
    [2018-01-27: UK版情報更新]

  • 三池崇史ボックス (2010-2017)
    Takashi Miike - Box

    DE: 2018-01-12



    収録作品

    • 十三人の刺客 13 Assassins (2010, 120分)

    • 一命 Hara-Kiri: Death of a Samurai (2011, 123分)

    • 無限の住人 Blade of the Immortal (2017, 134分)


    『十三人の刺客』が120分とあるので、
    過去の海外版BD同様、短縮された「インターナショナル版」ということになります。
    (私の知る限りでは、141分のオリジナル日本版は海外では発売されていません。)

    『無限の住人』は134分となっていますが、
    上記のドイツ版単品2種はどちらも日本公開版と同じ141分になっており、
    情報が矛盾しているのが気になります。



  • 雪之丞変化 (1963)
    An Actor's Revenge



    • US (The Criterion Collection): 2018-02-20
      • 新規の4Kリストア

      • 非圧縮モノラル音声

      • 日本映画監督協会が1999年に製作した市川崑のインタビュー (聞き手: 森遊机)

      • 新録インタビュー: トニー・レインズ (Tony Rayns, 批評家/映画作家/映画祭プログラマー)

      • 新訳の英語字幕

      • ブックレット: マイケル・スラゴウ (Michael Sragow, 批評家)によるエッセイ

    • UK (BFI): 2018-03-26
      [2018-02-11追記: BFIに特典の詳細が掲載されました。
      • 新規の4Kリストア

      • 新録の音声解説: トニー・レインズ

      • ドキュメンタリー『日本映画の百年』(1995, 52分, 監督: 大島渚)

      • Topical Budgetの日本に関するニュース映画4本(1927-1930, 4分)
        • Oriental Splendour

        • Japan Pays Homage

        • To Rid Their Souls of Evil

        • In Old Japan

      • ブックレット
        • 書下ろし記事 - 執筆者: ジェイムズ・ベル(James Bell), エプソン・ベイル(Espen Bale),ヴィック・プラット (Vic Pratt)

        • オリジナルのレビュー

        • 映画の詳細なクレジット

      ]

    なお、Animeigoから発売されていたUS版DVD
    "Revenge of a Kabuki Actor"という題でしたが、
    今回のBDではそれ以前の"An Actor's Revenge"が採用されています。



【Amazon.co.jp限定】市川崑 4K Master Blu-ray BOX (復刻ロビーカード2枚付)
KADOKAWA / 角川書店
2015-11-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【Amazon.co.jp限定】市川崑 4K Master Blu-ray BOX (復刻ロビーカード2枚付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





[2018-02-11: 広告変更]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • 日本映画の海外版BD発売情報 (大林/Sabu/他)

    Excerpt: 日本映画の海外版BDで、同趣旨の前回記事以降に私が気づいたものを挙げます。 (最近の発売とは言い難いものも含みます。) Weblog: jadow81のブログ racked: 2017-12-17 20:57