海外版BD新譜雑記 (ロイビーン/タッカー/他)

2018-07以降に発売予定の海外版BDを中心に,
普段書いているまとめ記事のテーマに合わないが
何となく目についたものを挙げてみます。

仕様の情報は基本的にBlu-ray.comによっています。

  • ロイ・ビーン (1972)
    The Life and Times of Judge Roy Bean

    US: 2018-07-17



    • 新マスター

    • オリジナル劇場予告編


  • 未知空間の恐怖/光る眼 (1960)
    Village of the Damned

    US: 2018-07-31




    DVD
    『続・光る眼/宇宙空間の恐怖』(Children of the Damned, 1963)
    を併録していたのに、BDはそうではないのが残念です。

  • ローズ・イン・タイドランド (2005)
    Tideland

    UK (Arrow): 2018-08-13
    US: 2018-08-14



    • HD(1080p)本編

    • dts-HD MA 5.1 音声

    • 聴覚障碍者用英語字幕

    • 音声解説: テリー・ギリアム(監督/脚本), トニー・グリゾーニ(脚本)

    • テリー・ギリアムによるイントロダクション

    • メイキング・ドキュメンタリー "Getting Gilliam" (45分, 監督: ヴィンチェンゾ・ナタリ)

    • メイキング・フィーチャレット

    • フィーチャレット "Filming Green Screen" (ギリアムの音声解説付き)

    • インタビュー: テリー・ギリアム, ジェレミー・トーマス(製作), ジェフ・ブリッジス, ジョデル・フェルランド, ジェニファー・ティリー(以上出演)

    • 削除場面集 (ギリアムの音声解説付き)

    • Bロール

    • ギャラリー

    • 劇場予告編

    • 両面カバー: 2種類のオリジナル・アートワーク

    • 初回限定ブックレット: ニール・ミッチェルの書下ろし記事など

    今回のArrow版の特典は、2007年のドイツ版と同じに見えます。
    (ただし、このドイツ版BDは既に廃盤のようです。)

  • タッカー (1988) - 30周年記念版
    Tucker: The Man and His Dream - 30th Anniversary

    US: 2018-08-28



    • 新規リマスターの本編

    • 未使用場面集 (フランシス・フォード・コッポラの音声解説選択可) [*1]

    • フランシス・フォード・コッポラのイントロダクション [*1]

    • 音声解説: フランシス・フォード・コッポラ

    • "Under The Hood: Making Tucker" - メイキング

    • "Tucker: The Man and the Car"- 1948年のプロモ・フィルム (フランシス・フォード・コッポラの音声解説選択可)

    • 本編字幕: 英語, 聴覚障碍者用英語, スペイン語

    *1: 新規特典

    日本ではDVDさえ出ていないんですね。
    VHS版US版DVDも高値になっているようですから、
    このリマスター版BDはちゃんと日本版を出してほしいものです。







ロイ・ビーン [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-07-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロイ・ビーン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









この記事へのトラックバック