日本映画の海外版BD (モスラ/お茶漬の味/他)

日本映画の海外版BDで、これから発売される、
あるいは比較的最近発売されたものを中心に、
同趣旨の前回記事以降に気づいたものを挙げます。

仕様の情報は基本的にBlu-ray.comによっています。

対応する日本版BDや、海外版BDが日本のAmazonで購入可能な場合は、
それらも貼っておきます。
日本版BDが無くDVDがある場合は、DVDを貼ります。

  • モスラ (1961)
    Mothra

    US, CA (MCE): 2019-07-09




    • スティールブック

    • 2種類の本編: 日本版とUS版

    • 音声解説: スティーヴ・ライフル(Steve Ryfle), エド・ゴジゼウスキー(Ed Godziszewski) [二人とも作家/日本SF映画史専門家]

    • オリジナル予告編集

    • フォト・ギャラリー

    DE版についての過去記事

    [2019-06-01: US版のAmazon JP商品リンク追加]

  • 血肉: 是枝裕和作品集 (1995-2008) [邦題未定]
    Of Flesh and Blood: The Cinema of Hirokazu Kore-eda

    UK (BFI): 2019-07-15




    収録作品
    • 幻の光 Maborosi (1995)


    • ワンダフルライフ After Life (1999)


    • 誰も知らない Nobody Knows (2004)


    • 歩いても 歩いても Still Walking (2007)



    特典など
    • BDx4

    • 是枝裕和とのQ+A (2019年): BFIサウスバンクでの回顧展の間に収録されたインタビュー

    • ブックレット


  • お茶漬の味 (1952)
    The Flavor of Green Tea over Rice

    US
    (Criterion): 2019-08-27



    • 新規の4K修復

    • 非圧縮モノ音声

    • 小津安二郎監督作品
      『淑女は何を忘れたか』(What Did the Lady Forget?) (1937)


    • 新録インタビュー: デイヴィッド・ボードウェル(David Bordwell, 映画研究家)

    • "Ozu & Noda: Tateshina Diaries"(小津と野田: 蓼科日記) - 監督: ダニエル・レイム(Daniel Raim):
      小津安二郎と, 長年の協力者だった脚本家・野田高梧との関係についての新作ドキュメンタリー [*1]

    • 新訳の英語字幕

    • 書下ろしエッセイ: ジュンジ・ヨシダ(Junji Yoshida, 研究家)

    *1: 関連記事「小津と野田の蓼科日記 来春公開」



「小津安二郎日記」を読む 無常とたわむれた巨匠 (ちくま文庫) [ 都築政昭 ]
楽天ブックス
無常とたわむれた巨匠 ちくま文庫 都築政昭 筑摩書房オズ ヤスジロウ ニッキ オ ヨム ツズキ,マサ


楽天市場



監督 小津安二郎〔増補決定版〕【電子書籍】[ 蓮實重彦 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
「残された作品の画面に何が具体的に見えるか、そしてそのイメージが、見るもののフィルム的感性をどのよう


楽天市場


この記事へのトラックバック