サイレント映画の海外版BD新譜 (裏町の怪老窟/Bキートンx2/他)

海外版BDで、これから発売される、
あるいは比較的最近発売されたものから、
サイレント映画をまとめてみました。

仕様の情報は基本的にBlu-ray.com
および発売元に情報があればその記述によっています。

参考として、同じ作品の日本版BDかDVDがあればそれも貼っておきます。

  • 市俄古 (1927)
    Chicago

    US (Movie Zyng): 2020-10-06



    • "The Golden Twenties" (1950) -
      The March of Times製作の長編ドキュメンタリー

    原作は『シカゴ』(2002)と同じ、
    モーリン・ダラス・ワトキンス(Maurine Dallas Watkins)の舞台劇。

    長く失われたと信じられてきたがセシル・B・デミル(Cecil B. DeMille)の
    個人コレクションの中に上質のプリントが発見された。
    このBDは、それを基にThe UCLA Film and Television Archiveにより
    修復された版(2006年)を収録している。

    本編クリップ

  • カリガリ博士 (1920)
    Das Cabinet Des Dr. Caligari
    El gabinete del Dr. Caligari

    ES: 2020-10-08



    • ディジブック


  • 法の外 (1920)
    Outside the Law

    US (KL): 2020-10-20



    • 音声解説: アンソニー・スライド(Anthony Slide, 映画史家)

    • 音楽: アントン・サンコー(Anton Sanko)

    • 別のエンディング

    • 映像の比較


  • 裏町の怪老窟 (1924)
    Waxworks (Masters of Cinema)
    Das Wachsfigurenkabinett

    US (Flicker): 2020-11-03
    UK (Eureka): 2020-11-09



    共通:
    • リージョン: フリー (A/B/C/0)

    • 2種類の新作の音楽を選択可:
      アンサンブル・ミュージックファブリック(Ensemble Musikfabrik)と
      リヒャルト・ジートホフ(Richard Siedhoff)

    • 音声解説: エイドリアン・マーティン(Adrian Martin, オーストラリアの映画/美術の批評家)

    • Paul Leni’s Rebus-Film Nr. 1-8 -
      パウル・レニが監督した映像版クロスワード・パズル;
      元々は1920年代にドイツの映画館でメインの作品に併映された短編アニメ映画で、問題編と解答編に分かれている;
      Kino Lorberの好意により収録;

    • In search of the original version of Paul Leni’s ​‘Das Wachsfigurenkabinett’​
      (パウル・レニのオリジナル版の探索) -
      インタビュー: ユリア・ヴァルムラー(Julia Wallmüller,
      ドイツ・キネマテーク[Deutsche Kinemathek]);
      本作の修復版が2020年にプレミア公開されたボローニャでの
      「再発見映画祭」(Il Cinema Ritrovato )での
      上映後のプレゼンテーションに基づく

    • インタビュー: キム・ニューマン(Kim Newman, ジャーナリスト/映画批評家/作家)が作品の遺産について語る

    • コレクターズ・ブックレット -
      1. 書き下ろしエッセイ - 本作の歴史とその意義について:
        フィリップ・ケンプ(Philip Kemp), リチャード・コムズ(Richard Combs)

      2. ドイツ・キネマテークによる修復作業についての記事

      3. 希少な製作風景の写真やプロモーション素材など

    US版:
    • BDx1 + DVDx1

    • 両面カバー

    UK版:
    • BDx1

    • 2000セット限定: O-カード・スリップケース

    Flicker Alleyの予告編
    MoC独自の新規予告編

    Flicker AlleyとEurekaの両サイトには
    「オリジナル・ドイツ版は現存していないため、
    この新しい英語版は輸出用プリントや世界中のアーカイヴの素材を
    4Kスキャンし、2Kで修復作業を行った。」
    という旨の説明があります。

    また、
    "Presented by Flicker Alley and Eureka Entertainment"
    とあるので、US/UK版の中身は基本的に同じでしょう。

  • バスター・キートン・コレクション Vol.4 (1925-1927)
    The Buster Keaton Collection - Volume 4

    US (Cohen): 2020-12-08



    収録作品
    1. キートン西部成金 Go West (1925)

    2. キートンの大学生 College (1927)



    商品情報
    • 2作ともチネチッタ・ディ・ボローニャ(Cineteca di Bologna)が
      リマジン・リトロヴァ(L’Immagine Ritrovata)研究所で修復;
      協力: コーエン・フィルム・コレクション

    • "Go West" (1923) - 訓練された猿たちが演じる、
      ハル・ローチ(Hal Roach)の短編喜劇

    • “Buster Keaton: Screenwriter” (1958) -
      TVの"Wagon Train"のためのアイディアを
      キートンが披露する約1時間の音声




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック